HOME >

旧日々moku mokuのページはこちら

運転席側の、ドアの塗装の亀裂を発見しました(◎_◎;)
前回に一度、日々mokuで紹介しましが、削ってみました。
硬いパテが出て来ました(^^;)全て削り取ります。

亀裂発見(゚Д゚;) 何と溶接もしていませんでした(^▽^;)
ドアの開け閉めでクラックが入り、塗装が割れたと考えます。
全てパテを削り取り、溶接を行い、綺麗に仕上げますね(◎_◎;)

ボンネットヒンジが接触する部分の加修を行いました(^^;)
今回、ショートボディのヒンジに交換します。
本来付いてある部品に全て戻して、仕上げて行きます。
オーナー様、後少してお待ち下さいね。

大阪より、ハコスカオーナー様ご夫妻がご来店下さいました(^-^)
日々mokuで紹介した、米柄のシート2脚をお買い求め下さいました(*^^*)感謝感謝です。


製作スタート時より、日々mokuを見て下さり、販売を開始したので、急ぎご来店下さいました(*^^*)
昨年のデモカーもお話しを下さいましたが、タイミングが少し合わず、販売出来ませんでした。
現在、鹿児島のお客様より一番にお話しが来ています。
今日も、デモカーのお問い合わせが3件ありました(^-^)
日々mokuで進展状況を必ずアップします。
これからも、日々mokuを見ていて下さいね(^-^)


いつもご夫婦でご来店下さいます(^-^)
旧車を理解して下さる奥様で、ご主人も幸せですね。
今日は、サクラ(=^・^=)のお話しが出来ました。
奥様は日々mokuで、サクラちゃんのファンみたいです。
サクラが帰って来なくなり2カ月になりました。
無事を祈る日々です。
くれぐれも車の運転に気を付けて下さいね(^-^)

ハコスカデモカー天張りの作業を行いました(^-^)
天張りを綺麗に張るコツは、何日も時間を掛けて順番に張りながらたるみを伸ばし、
綺麗に張れた事を確認して、今度は順番にボンドで天張りの生地を接着して行きます。
この時に一気にボンドで固定せず、前後とサイドを数日掛けて接着をすると、
天張りのたるみも出来ず綺麗にピンと張れますよ(*^^*)

今日は、フロントの上部の固定を行いました(^-^)
隙間なく綺麗にボンドで固定して行きます。
この時に、サイドはボンド固定をしません。
サイドは、ルームライトやETCの配線を同時に入れ込むので最終に行います(^-^)

今日は、ビックリ(゚Д゚;)するほど多くのお問い合わせを頂き、感謝感謝です(*^^*)
現在、鹿児島県のお客様から、一番にお電話を頂きました。
沖縄県・九州・大阪・名古屋・埼玉・東北・北海道と、日本全国からのお問い合わせに感謝いたします。
価格は、お問い合わせ頂いたお客様にお伝えしています。
お問い合わせで、何故この状態での販売開始と聞かれました(^▽^;)
今回のデモカーは、ハードなエンジン設定を考えていました。
しかし、お問合せ頂いたお客様の多くが、エアコン・パワステをと言うお声が多く、
最終のエンジン組付けの前に、販売を開始しました。
今なら、エンジンの圧縮やカムの度数も変更出来て、エアコンを付けられる様に圧縮を調整出来ます。
今なら、お客様の希望のエンジンに出来ます。この為の販売です(*^^*)

本日は愛知県よりハコスカGTR君のオーナー様が、
お預かりしていた貴重な純正部品を、引取りに来て下さいました(^-^)
前回の加修修理の時に、全て純正新品の部品に交換されました。
その時に外した貴重な純正部品です(^-^)


京都よりNSXのオーナー様が、車高調のオーバーホールでご来店下さいました(^-^)
ビルズさんの車高調です。やはり最高のパフォーマンスをしてくれるのも足回りです。
ビルズさんの車高調は、全てオーバーホールが出来て、一生大切に使えて安心ですね。


昨日より販売を開始した、ピットハウスがコロナウイルス対策で出来る、
社会貢献活動の『医療従事者応援企画』のオーダーマスクを、本日だけで35枚の注文を頂きました(^-^)
お客様の希望のロゴを入れられます(^-^)
現在、ケンメリのロゴマーク、DR30エンブレムのデザインロゴの製作を開始しています。
価格は1000円です。1枚300円を医療従事者応援企画で寄付を行います(^-^)
注文は、メールやFAX・お電話で受け付けています。
直接、僕に言って下さっても有難いです。
彦根の縫製さんのプロが、業務用ミシンでしっかりと製作をしています。
皆さん、御協力お願いいたしますね(*^^*)

本日のマイスターは、BNR32GTR君のリアフェンダーにサフェイサーを吹き付けました(^-^)
リアフェンダーのミミは、全て防腐処理を行い、転換コーティングを行っています。
ピットハウスのマイスターは、多くのGTRを錆や腐食から守って来ました。
やはり、念には念を、ですね(^-^)作業をしっかり見て下さいね(*^^*)

サフェーサーの上に、ガイドコートを塗り込みます。
よく乾燥を行い、手作業で研ぎを行い、歪みを取って行きます。

左リアフェンダー1枚の作業でも、まず錆を削り取り、
転換を行い、時間を掛けて丁寧な作業で仕上げて行きます。
これがピットハウスのクオリティです(^-^)


今日も日々mokuファンさんから、32GTRの修理依頼が4件入って来ました。
お話しを聞くと、何と(;゚Д゚)錆の上にパテを塗り塗装していた修理や、腐食部分にアルミシールを張り、
パテでごまかした修理をされていたとお聞きしました(T_T)何と・・(ー_ー)!!
ピットハウスの加修やレストアは、一生大切に乗って頂ける様に全て鉄板で丁寧に仕上げています。
何でもご相談下さいね。

総数1465件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293